S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
北の国から'87初恋
機械いじりが好きな純はある日、大里という農家の裏手に奇妙な物体が捨てられているのを見つけ、それは風力発電の風車であることを美少女に教えられる。れいという大里の娘だった。純はれいに一目惚れをしてしまう。純は風力発電を五郎の誕生日にプレゼントしようと、シンジュクに相談する。その帰り道、バスに揺られながら自転車のチェーンをはずして困っているれいを見つけ、バスを飛び降りた。チェーンを直し、二人で歩いていると急に雨が降ってきて、れいの家の納屋に飛び込む二人。尾崎豊の話で二人は意気投合し、純はれいと一緒に東京の定時制高校に行く決意をする。激しい雨が降り、チンタの家の畑が流れ、巨額の負債が残る。五郎や中畑が工面を考えるが、大里は反対した。そんな態度に五郎は反感を覚える。五郎の誕生日、純と螢は風力発電の準備をしていた。そんなとき、五郎は純が自分に相談もせずに東京の定時制に行こうとしていることを知った。純を責める五郎。風力発電を喜んでくれない五郎に純は落胆し、家を飛び出した。そのとき霜害注意報のサイレンがなった。霜害防止の準備をしている大里。視界がないところにトラックでバックしたとき、夫人を誤って轢いてしまう。クリスマスイブの夜、純、チンタ、広介はサンタの格好をして、プレゼントを配っていた。れいの家の前まで来て、3人は異変に気が付く。突然、大里家が出て行ってしまっていたのだった。れいとの突然の別れにショックを受ける純。東京の高校への進学が決まり、卒業式終了後、純は東京に向かった。
b0062116_16132331.jpg

機械いじりが好きで分解が趣味になった純には「ペンチ」というあだ名が。

そんなある日、れいちゃんと出会う。

自転車のチェーンが外れてこまっているれいちゃんを見つけた純は、
それを直してあげるわけで。
その後二人で歩いているといきなりの雨。

二人はれいちゃんの納屋で雨宿り。
雨にぬれて服を着てると風邪ひくよ♪といって、
二人は服をかわかすわけで。
そういう時って、女の子のほうが強いのかな?

父親のために風力発電の装置を作った純。

でも、チンタ家の一軒で大里(れいちゃんのとーさん)に怒っていたこと、
純が東京に出ることを自分だけが知らなかったことで、
それを素直に喜んであげれない五郎。
むしろ、心が狭い人間だからと自らいい、純と衝突。


その夜、霜が襲い大里の農作物がダメになってしまう。
霜対策中に大里では親父が母親を車で轢いてしまい・・・。

そしてれいちゃんは、クリスマスの夜に夜逃げしてしまう。

純の初恋は終った。

そして、中学を卒業した純は東京へ。

東京へ旅立つトラックの中で、
五郎から渡された泥のついた2万円を、
運ちゃんはお守りにとっておけと、
純に渡す。

1987年3月21日。
[PR]
by kzk_n | 2008-11-09 16:20 | いろいろ
<< 北の国から'89帰郷 北の国から'84夏 >>