S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
北の国から'89帰郷
1988年秋、螢(中嶋朋子)は、中学を卒業してから昼間は旭川の病院に勤め、夜は定時制の看護学校に通っていた。ある日勇次(緒形直人)という青年と出会い、二人は急速に惹かれ合う。螢にとっては初恋の相手であった。純(吉岡秀隆)は東京で気ままな生活をしていた。しかしある時盗難車を買わされ、警察に連行されて犯人扱いを受ける。また、大事にしていた泥の付いたピン札をとられ、それが元で傷害事件を起こしてしまう。傷心の純は東京へ来てから初めて富良野へ戻りたいと思い、帰郷する。勇次は東京の予備校に通うため、螢と離れなければならなくなった。胸を引き裂かれる思いで勇次を見送る螢。家に戻り、二階に上がるとラジオをつけながら声をあげて泣いた。純は富良野の人たちの温かさに触れ、五郎(田中邦衛)に富良野に戻りたいと告げる。しかし五郎はそれを受け入れない。そんな時、ラジオから尾崎豊の「I love You」が流れてきた。札幌にいたれい(横山めぐみ)が、純にあててリクエストしたのだった。純はすぐに札幌へと向かった。
b0062116_16342077.jpg
今度は蛍の初恋の番。
だけど、すぐに彼は東京に行くことに。

純は東京でバイクに夢中。
髪を染めて、しまいには傷害事件を起こしてしまい、
傷心で富良野へ帰る。

富良野の暖かさに居心地の良さを感じた純は、
父さんと二人で丸太小屋を作りたいというけれど、
五郎はそれを断る。
一人で住む家を、一人で楽しみながら作るんだと。
精一杯の強がり。

そして、れいちゃんとの出会い。
れいちゃんは札幌のロイホで働いていた。

純からもらった金で、酔っ払う五郎。
蛍が旭川に行っちゃった夜に。

そりゃもう、ひどい泥酔。
泣きながら五郎を止めるちぃちぃ(畑中のおじさん)。

雪の降る中、五郎を抱えたちぃちぃの後姿が涙を誘うわけで。
[PR]
by kzk_n | 2008-11-09 16:47 | いろいろ
<< 北の国から'92巣立ち 北の国から'87初恋 >>