S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ:┣映画@2005( 7 )
スコア
スコア


【あらすじ】
かつて世界中を股にかけた大泥棒のニック(ロバート・デ・ニーロ)は、
そろそろ稼業から足を洗い、恋人と腰を落ち着けてカタギになろうと
していた。しかし、そこに彼の長年の友人でもある盗難ブローカーの
マックス(マーロン・ブランド)が、彼にしか実行不可能な大仕事を
もちかけ、彼はこれを最後の仕事と決意し、若きパートナー、
ジャック(エドワード・ノートン)を迎えて計画の実行に移るのだが…。

【感想】
やっぱりノートンすげーなぁ。
完全に、デ・ニーロを食っちゃった感じ。
1つの映画の中で2つのキャラを演じなきゃならないこの役は、
ノートンだからこそ出来たのかも。
ま、この作品の前にも「真実の行方」とか「ファイト・クラブ」とかで
多重人格の役を見事にこなしてきたからこそのキャスティングかもしれないけど。
あと、アメリカンヒストリーXの時のかっちょいい肉体美も健在だった。

いっつも言ってるけど。

ノートン、バンザイ!
[PR]
by kzk_n | 2005-02-21 12:54 | ┣映画@2005
海の上のピアニスト


原題は「The Legend of 1900」。
なんでかというと、主人公の名前が"1900"だから。
(正確には"ダニー・ブードマン・TD.レモン・1900 ")

trailerで見て記憶のあるピアノダンスシーンが、映画の前半ででてきたのはビックリした。あと、大荒れの海に揺れる船の中を、余裕の表情でまっすぐ歩く1900のシーンはなんか面白かったし、どうやって撮影したのか興味あり。

と、まぁ前半はよかったんだけど。。。
途中からは、睡魔と闘っていて集中できていなかったせいなのかもしれないけど、
思ったほど感動できなかった。。 体調万全で見るべきだった。残念。

とわ言うものの、印象に残ったシーンは
・レコーディング最中に窓の外の女性に見とれるシーン。
・1900が下船すると決めて、タラップを降りる途中で立ち止まるシーン。
#なんで帽子を投げ飛ばしたんだろう?

またいつか、睡眠十分な時にもう一度みよっと。
[PR]
by kzk_n | 2005-01-14 13:11 | ┣映画@2005
下妻物語


いやー、ひさびさに声を出して笑える映画をみた感じがする。

この映画に関してはノーガキはたれない。
単純におもしろい!

笑ってスカッとしたいときに是非♪
[PR]
by kzk_n | 2005-01-13 17:47 | ┣映画@2005
ボーン・アイデンティティー


つーわけで、この前見たプライベート・ライアンにマッド・デイモンが
でてたから、これを借りてみた。二月には続編が公開されるし!

若干説明不足気味だけど、スピーディーなストーリー展開の
ためには、やむをえないのかなぁ。
あと、いつのまにマリーと恋愛関係になったのだろうか。。
心理学でいう「吊橋効果」なのかなぁー。

と、いちゃもんをつけてるけど、すごく面白かった!
三ヶ月みっちりトレーニングしただけあって、マッドの格闘シーンも迫力があったし、
ストーリー展開もよかったし。
マッド自身が記憶障害になっているから、見ている僕らと同じ知識しかないから、
一緒に謎を解いて行く感覚がよかった。

ちなみにタイトルにあるidentityの意味は「正体・身元」という意味。
うむ、なるほど。

次回作のSupremacyは「最高権力」。
さて、どういう内容なんだろうか?楽しみだ。

この原作は三部作のようだから、Supremacyが好評ならきっと最終作も
映画化されるんだろうな。

がんばれ!マッド。
[PR]
by kzk_n | 2005-01-12 12:01 | ┣映画@2005
プライベート・ライアン


戦争物はあんまり見ない俺が、友達の進めでこれを見てみました。

やっぱり、戦争物は嫌いだ。
だって、
なんか、
こわくなってしまう・・・

つーか、長いし。
俺の限界は140分くらいかなぁー。

トムハンクスと、マッド・デイモンの演技は素晴らしかったけどね。
またしばらく、戦争物は見ないだろうな。


#戦争物のメリットは、5.1chのすごさを再確認できることくらいかな。w
[PR]
by kzk_n | 2005-01-12 11:57 | ┣映画@2005
アメリカン・ヒストリーX


この映画のいいところ

・ノートンがやっぱりかっこいい。
・社会性(人種問題)を考えさせられる。
・ストーリー性がある。

日本にいると人種問題とかにはついつい疎くなってしまう。
しかし、こういう映画を見ることが多くの人種が片を寄せ合って暮らしている国が
抱える問題や社会性を理解することができる。
ただ、メディアの場合どちらかに片寄った伝え方をする場合が多いが、
この映画を全体的にみるとほぼ中立な感じがする。

とにかく、お奨めな映画だ。
#ストーリーはダーク系だけどね。
[PR]
by kzk_n | 2005-01-07 16:52 | ┣映画@2005
ファイト・クラブ


昨日は⇒を見た。
だって、ノートンがでてるんだもん。

<いきなりネタバレ>
前半はストーリー展開が早くておもろかったけど、
残念ながら中だるみしちゃったよ。でもって、寝ちゃったよ。
はっ!と目を覚まし続けて見た。

タイラー(ブラピ)が実はジャック(ノートン)のもう1つの人格ということが判明!
そこからは、クライマックスに向けてどんどん面白くなった。

いかにもニューヨーカーな人達が抱えてそうな問題だったり、欲求だったりを
映画化した感じなのかなぁ。

ノートンの演技が光る映画でした。
[PR]
by kzk_n | 2005-01-07 16:37 | ┣映画@2005